DA35mmF2.8 Macro LimitedをIYH!してみた

http://www.pentax.jp/japan/products/lens/index35_normal.html

こんなの。カメラ用の交換レンズですね。こないだのyahoo!ポイント最大40倍セールで購入しました。何を買っても15%もポイントが貰えるなんて太っ腹だしwwwwお値段が41kwwwwバカスwwww高須wwwwwwwwww

そんなわけで、届いたので早速使ってみようと思った。しかし意外なほど小さい箱から出てきたのは、意外なほど小さなレンズ。小さいけれど、ずっしりとした質感があり、アルミ鏡筒がずっしりひんやりとした高級感を出しています。またキャップすらもアルミニウム製で、なんていうか・・・これ使うのもったいないwww普段用のキットレンズDA18-55mmF3.5-5.6ALは安くてよく映るので、防滴仕様でないのに雨の中ぶん回したり、おっことしたり、キャップを無くしたりしてもそれほど痛くないレンズですが、このmacroLimitedはなんというかキャップですら高級だしなかなか持ち出すのは怖いなぁ。DA35mmF2.4にしておけばよかったかな。あっちなら半額以下で手に入って、写りは同等。マクロのためだけに+2万払わなくてもとか思ったり。

それはともかくレンズは写りが全てなので、被写体がフィギュアしかないけど撮影してみた。

うーむ、ライティングとかせずに普通にフラッシュ撮影なのだが、なんぞこの解像感wwwwすげえくっきり写ってるwwwwwwなんとデカールの細部まで確認できる解像感wwwwワロスwwww人間を撮ると毛穴まで写って評判悪そうwwwwwwwww

上がDA18-55mmF3.5-5.6AL

下がDA35mmF2.8 Macro Limited

ライティングやISO感度揃えろよwwwとか言われるかもしれませんが、それぞれのレンズでの比較です。等倍にした時の解像感はさすがにDA35の圧勝でしょうか。でも、解像すればいいってもんでもない場合は、キットレンズでもいいかなぁ。フィギュア撮影は被写体>>アングル>ライティング>>>レンズと言う感じですね。やっぱり、物撮りはライティングにこだわったほうがよさそう。もちろんレンズがいいのに越したことはないので。この解像感、手放せませんね。

しかしレンズ沼か・・・カメラの交換用レンズなんて、買い出したらきりがないのにこんなのに手を出してよかったのだろうか・・・。うーむ、うーむ・・・。

投稿者:

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。