価格破壊なう!激安になった液晶ペンタブレット

デジタルで絵を描くときにはペンタブレットはほぼ必須ですが、最近は液晶ペンタブレットが大変安くなってきたので絵を描くなら是非とも液晶ペンタブレットを購入したいですね!WACOM以外からも中華製のジェネリック液晶ペンタブが多数出てきており、絵描きの間では案外かける!と評判ですので今日は液晶ペンタブレットをまとめてみたいと思います。

■液晶ペンタブレットの種類

まず液晶ペンタブレットには、パソコンに接続して使うタイプとノートパソコンやタブレットPCにデジタイザというペンの機能が搭載されているものがあります。前者はパソコンが別売りの為コストがかかりますが大画面のものが多くありディスプレイを複数接続して快適に作業が出来ます。後者はパソコン1台で完結する為持ち運んでカフェなどで作業が出来るのでスキマ時間を活用できます。そして最近は第三の選択肢としてiPad+ApplePencilを使う選択肢もかなり有力になっています。

■絵を描くのに必要なもの

液晶ペンタブ以外にもこのあたりを揃えておくと便利です
・Clip Studio Paint(Windows/Macの場合)
・色確認用のディスプレイ(個人的にはiPadが標準的なので強くオススメ)
・スキャナ(フルデジタルの場合は不要)
・プリンタ(同上)

■最近はやりの液晶ペンタブまとめ

・単体液晶ペンタブ
別途パソコンが必要になります

最近とにかく安い!と評判のGAOMONの液晶ペンタブ。15.6インチとかなり大画面の液晶を搭載し、筆圧レベルも8192段階あります。セール時は4万円を切る値段で販売されておりまさに液晶ペンタブの価格破壊wwwww液晶ペンタブでないIntuosでも3万前後することを考えると細かい不満点は吹き飛ばせるほど圧倒的にこっちがオススメです。

XP-Penからも似たようなモデルが発売されています。15.6インチで8192段階、こちらはバッテリーレスのペンになっています。レビューが現在付いていないので評判は不明ですが安い奴はどれ買っても大差は無いと思います。

21.5インチで6万少々のHUIONのペンタブ。液晶ペンタブはある程度大きい方が作業しやすいので少し大きめが欲しいならこれ!GAOMONにせよHUIONにせよ液晶の色再現度はそこまで期待できないので色合わせように別途ディスプレイやiPadを用意することをオススメします。

定番のワコムの13インチのペンタブです。13インチの最高性能が欲しいならこちらになるかと思います。同人作家には一番人気があります。2015年の旧モデルなら9万円以下ですしね。液晶ペンタブは筆圧レベルの段階数はそこまで重要では無く、4096でも8192でもそこまで違いは無いらしいので古いモデルでいいかと思います。ただいかんせん13インチは少々小さめなので使ってるうちにもっと大きなディスプレイが欲しくなるかもしれません。

・DELL Canvas
27インチでWQHD、2048段階の筆圧レベルを装備した超大型液晶ペンタブです。液晶ペンタブは大きい方が作業がしやすいので思い切って買ってしまってもいいかも。トーテムというダイヤル型のデバイスが付属してるモデルもあるみたいですがこれはあまり対応してるソフトを聞かないので必要ないかなあ。お値段は179980円(+税)とお高いですがここまで広々としたキャンバスで作業できたら楽しいでしょうね!

・デジタイザ搭載タブレットPC

ペンが搭載されているパソコンなら単体で完結しますがあまりディスプレイの大きいものがないので作業はしづらいです。最近はさらに薄くて軽くて書き心地の良く色の再現性が良いiPadの方が強くオススメだったりします。

この手のペン付きの製品だと定番なのはSurfaceですかね。搭載しているペンがnTrigというちょっとマイナーなペンなのですが、みんな使っているという安心感はあります。WACOM製のペンを搭載したものがいいならGALAXY BOOKか少し古いSurface pro2になります。

WACOMが発売するMobileStudio。WACOM製という安心感はありますがそのために25万円以上出すのはお金持ちだけでしょうね…。どーしても最高性能のペンが欲しいなら現状このMobileStudio以外の選択肢はないです。他の液晶ペンタブは追従性や色再現、筆圧のタッチ感など細かい点で不満が出る人は多いみたいです。でも25万の価値があるかというとないかなあ…。

サムスンのGALAXY NOTEシリーズは発火はしてしまいましたがWACOMの技術を使ったSペンを搭載しておりイラストの書き心地は大変素晴らしいともっぱらの評判でした。そのWindows版がこのGALAXY BOOKです。Windowsなので通常版のクリスタも使えますし、スペックに対する値段も悪くないです。軽くて電池持ちも良く有機EL搭載ですが、発売したばかりなので現状人柱なのが難点ですかね。Windowsがどうしても使いたければこれは有力な選択肢ではないでしょうか。買うなら大きめの12インチでしょうが、販売店舗がコストコのみとなっているのも謎です…。海外での価格から国内価格を計算すると12,3万円ほどになるかと思います。液晶ペンタブと別途パソコンを買うよりはこっちの方がお得かも?
http://www.galaxymobile.jp/business/galaxy-book/

 

iPad Pro

今のところ一番オススメなのがiPad Proです。液晶の色再現度、軽さ、電池持ち、タブレットとしてのソフトの充実度、ペンの快適さなど総合的には一番便利ではないでしょうか。注意しないといけないのはProが付かないiPadはペンが対応していないのと、iOS版ClipStudioは月額制で月980円、1年で1.2万ほどかかってしまうことですかね。とはいえ、現状ワコムのペンより書きやすいという人も多いですし、今後の絵描きのデファクトスタンダードはiPadになっていくのではないかと思います。お金があるなら追加で大画面の液晶ペンタブを購入してクラウドで同期して作業するのもいいでしょうね!LTE対応モデルを買うとどこでも作業できて便利だと思います。ただストレージを増やしたり保証を付けたりLTEに対応させたりしていくと十数万円になるのがネック。古いモデルだと速度が遅いという難点もありますしね。

書き心地としては
iPad pro>mobile studio>GALAXY BOOK>>>Surface>>>>そのほか中華というのが一般的な評価ですが個人的にはまだためしてないのでなんとも言えません。スラスラ書けないとダメという人以外は中華でいいんじゃないでしょうかねえ。ペン入れとかそんなに高速に作業する必要も無いですし。

結論としては
・お金がないとか未だに板タブを使ってるならひとまず一番安いGAOMONの15インチモデルあたりを試す
・お金が余ってしょうが無いなら最高性能はWACOM mobile studio
・Clip Studioに毎月980円の課金するのに抵抗がなければiPad Pro+Apple pencil
こんな感じでしょうかね。個人的にはGALAXY BOOKも気になります。S Penの書き心地は最高レベルなんですよねえ。

最後に最近描いた絵を一枚。これは東芝のRX82というデジタイザ内蔵PCで描いてます。RX82はWACOMのfeel(GALAXY NOTEと同じ方式)というペンを搭載しており追従性や書き心地、ペンずれの少なさは最高レベルなのですが最近のPCには搭載されてません。最近はほとんどAESというお絵かきに向かない方式になってしまいました・・・。似たようなものを探すとGALAXY BOOKかWACOM mobile studioになるかと思います。ペンの方式で悩みたくないならApplePencilにしましょうね。

投稿者:

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。