アパホテルが2500円の激安セール中!実際アパってどうなの?

久しぶりの更新です。コロナ禍の間はほぼ引きこもっていて旅行にも出かけられずほぼ気絶しておりました。さて、コロナで外国人のインバウンド需要がほぼ100%消滅し、国内旅行も6月中旬頃まで自粛ムードの中、ホテル業界は大変そうです。そんな中、アパホテルが6月いっぱい全国各地1泊素泊まり2500円で宿泊できるキャンペーンをやってるみたいです。今日は普段旅行の時ネットカフェにばかり泊まるワイがアパホテルの攻略法をちょっとだけ書いてみます。

アパホテルは全国各地に展開しており、他のホテルチェーンに比べると
□立地が非常によく駅からすぐの場所に多くある。特にビジネスマンに人気
□価格は変動制で他のホテルチェーンに比べると高いときと安いときの格差が激しい。平日は他のチェーンより安いが土曜日は正直ボッタクリ
□他のホテルチェーンに比べると部屋は基本狭い。ほぼベッド。
□朝食の評判は良い。しかし朝食無料のホテルも多い中、朝食料金は1200円~1500円と高め
□多くのホテルに大浴場がある
まあいわゆる最近の宿泊特化型ビジネスホテルですが、大浴場もあり平日は安く泊まれるということでビジネスマンに人気となっております。

部屋の広さは
コンフォート、リッチモンド、ダイワロイネット>謎ビジホ>ドーミーイン、東横イン、ルートイン>(12㎡の壁)>スーパーホテル>アパホテル
という感じ。アパは基本的に狭いです

地方のアパホテル

さて、評判がいいのはいわゆる東京とか大阪にある駅チカの都市型ビジネスホテルなのですが、地雷オブ地雷なのは逆に地方のアパホテルです。なぜかというと地方のアパホテルはいわゆる居抜き物件、倒産した地方のなんちゃらグランドホテルみたいなのを買収して大浴場据え付けてアパホテルの看板だけつけてるようなホテルが結構あります。築年数がひどいので全体的にボロく、壁が薄く、水回りや家具がしょぼかったりします。コンセントも少ないです。都会のアパホテルに泊まってから地方のアパホテルに同じクオリティを期待すると破滅。ちなみにアパホテルの創業の地は北陸なので、北陸のアパホテルはことさらボロいリノベホテルが多いです・・・。そんなアパホテルに土曜日のぼったくりアパ価格に泊まった日には楽しい旅行が楽しくなくなるかも。逆に地方のビジネスホテルで安定してるのは、東横インやルートインなど。このあたりは宿泊場所によっての違いがほぼないですね。

ちょっと違うアパホテル

地方のアパホテルには買収リノベ物件も多いのですが、ことさらバブル期に建造されたバブリッシュホテルも一部存在してそのようなアパホテルは建物は古いがちょっと豪華なホテルに泊まれるということで密かな人気だったりします。ちょっと豪華なアパホテルはこのあたり

■アパホテル&リゾート<東京ベイ幕張>
旧幕張プリンスホテル。プリンスホテルにアパの値段で泊まれるってすごない?広くて豪華な大浴場も宿泊者は無料!平日のコスパは最強
■アパホテル&リゾート<札幌>
旧グリーンホテル札幌。なんでこんな僻地にこんな大型ホテルを建造してしまったのでしょうね・・・。食事は高いがリゾートホテルらしく豪華。部屋は最近リニューアルした模様。
■アパリゾート<上越妙高>
旧妙高パインバレー。元はゴルフ場やスキー場を備えたバブルの遺産。ゴルフ場を利用してイルミネーションなども開催される。団体観光客に人気。
■アパホテル&リゾート<横浜ベイタワー>
アパホテルの旗艦店。新築の地上35階建ての超高層大型ホテル。温水プールやスパなども完備し施設も全て最新の物を導入したアパホテル型リゾートホテル。部屋はアパだから狭いし眺望の良い部屋は追加料金が必要。てか追加料金払わないと内周吹き抜けの景観なしの部屋になるってば!でもそれを差し引いてもインスタ映えする豪華さ。

このあたりのアパホテルはとてもバブリーなので安く泊まれるならぜひ泊まってみたいですね!他にも高層ホテルの肥後橋や御堂筋本町駅タワー、新し目の潮見なんかも人気みたい
※コロナ期間中は軽症者の受け入れホテルになってるためこれらのホテルはお休みです

地雷アパの見分け方

基本的に地方のアパホテルはほぼリノベホテルなのですが外観写真を見て「なんちゃらグランドホテル」って看板を付けても違和感がないホテルだったら大体地雷です。なんちゃらグランドホテル(築30年)にアパホテル価格2万円で宿泊できます。一駅離れた謎のビジネスホテルなら8000円で泊まれるのに!

逆に都市型のいい感じのアパホテルは、アパのイメージカラーである黒とオレンジのイメージカラーで統一されているところが多いのでわかりやすいかと。フロントロビーの写真を見て上に載せたような感じの黒い床にオレンジのシャンデリア風ライトがあってちょっとゴージャスバブル感を醸し出しているのが最新アパホテルの基本イメージなのでこういうフロント写真が載っているアパホテルならだいたい新築の過ごしやすいアパホテルだと思います。(写真は上越妙高、御堂筋本町駅東のものをお借りしました)

逆にボロいリノベホテルはこんな感じのフロント写真になります。シャンデリアがない!!!!!(写真は広島駅前と丸亀駅前大通をお借りしました)あとは外観写真がボロそうだったり、いかにも観光ホテルみたいな複雑な形状をした外観のアパホテルは大体リノベ。

というわけで今日からあなたもアパホテルマニアですね!!!

↓こちらのサイトにアパホテルがどのホテルを買収したのか、いつ頃開業したのだとか詳しく書いてあるからここを見れば解決だよ。今日からアパホテルマニア!
http://web2.nazca.co.jp/BB348/page035.html

投稿者:

この記事をシェアする