NextCloudを最新版にしてみた&WindowsからSSH

なんやかんやで便利なNextCloud、今はVer17が稼働していたのですがもう20が出ていたのでアップグレード。しかし、NextCloudはボタン一個でメジャーアップデートもできるようになっていたはずなのに、アップグレードボタンが出ない・・・。

とりあえず、コマンドラインでのアップグレードを試そうとWindowsのSSH環境を作ってみました。Windows10だと超簡単です。

1.SSHの秘密鍵を入手する

エックスサーバーだとサーバーの設定からサクッと秘密鍵を入手できます。SSH設定から適当なパスワードを入れて.keyファイルをダウンロードします。

2.設定を格納するフォルダを作成する

C:\Users\ユーザー名\.sshというフォルダを作成します。
このフォルダの中に、先ほどダウンロードしてきた秘密鍵を入れておきます。

3.コンフィグを書きます

Host 「接続名」
HostName 「サーバーのアドレス」
User 「ユーザー名」
IdentityFile C:\Users\「ユーザー名」\.ssh\「秘密鍵の名前」.key
Port 10022(エックスサーバーのポート番号)
TCPKeepAlive yes
IdentitiesOnly yes

といったテキストファイルを作成し、さっきのフォルダにconfig(拡張子なし)というファイル名で保存します。

こんな感じに出来たら準備完了です。

あとはコマンドプロンプトを開いて、ssh 「接続名(コンフィグに書いた名前)」で接続できます。かんたん

続いてNextCloudのアップデートをするためにアップデータをコマンドラインから起動します。NextCloudのインストールフォルダに/updater/updater.pharがあるのでこれを起動してみます。しかし無情にもNo update available・・・

結局、公式サイトから最新版のNextCloudのパッケージをダウンロードしてきて、updater.pharを最新版に更新したら更新できました。おわり
コマンドラインなんていらんかったんや・・・

ちなみに、メジャーアップデートの場合は17 > 18 > 19 > 20のように順番にアップデートしていく必要があります。今回は17から20へのアップデートなので4回もアップデートをしないといけないのです、それでも昔はメジャーアップデートはとりあえず最初から入れ直しだったことを考えると楽になりましたね。

投稿者:

この記事をシェアする