ANAの予約便がコロナで欠航!特別対応とか

昨年のGoToトラベルバブルはどこに行ったのか、一転今年のGWは自粛ムードでおのれコロナでしたね。ANAの2021年5月の就航率は緊急事態宣言の影響で50%未満になるのだとか・・・。どうしたものか。

コロナで飛行機の利用率が極端に低下していることから、ANAは気軽に航空券の予約をしてもらうためにいくつかの特別対応を打ち出しているようです。今日は2021年5月現在のANAの特別ルールをまとめてみました。コロナは怖いですけど、落ち着いてるタイミングでぜひANAを利用してあげてください・・・。

※過去の特別対応なので時期によってルールが変わっている可能性があります

■6/30まで変更手数料無料!あんしん変更キャンペーン!

ANA SUPER VALUEなどの変更不可能な運賃でも6/30までなら何度でも変更OKというキャンペーン。区間や便に関わりなく変更不可能な運賃でも変更OKになっています。(払い戻しは不可、運賃の差額は必要)これを利用すればとりあえず行くかも?位の感覚でセール運賃(特に年数回開催のANA SUPER VALUE SALE)で予約できますね。もしコロナが爆増してたらやっぱり1ヶ月後にしよう・・・とかできます。

■まん延防止の特別ルール

ANAはまん延防止地域への旅行の自粛のため、まん延防止が適用される一部フライトにコロナの特別対応を行ってる場合があるようです。(リンクは切れてるかも)
https://www.ana.co.jp/ja/us/notice/notice_009.html
この場合は「悪天候などによる運航の影響・ご旅行のお取り扱いについて」が適用されるようです。
https://www.ana.co.jp/ja/jp/book-plan/refund/domestic/weather/
具体的には
・払い戻し手数料無料(特典航空券も)
・当初搭乗日から+30日の範囲で同じ区間の便の振替
(特典航空券の場合は必要マイルが増える変更でもマイル不要、減る場合は返還)
いずれかが選択できるようです。
これを悪用すると今週のトク旅マイルやマイルのシーズンがLシーズンかつまん防期間のときに予約して、目的のフライトに再度振り替えるという技が使えたりします。
例えば4/21(ローシーズン)に4/22の今週のトク旅マイル(3000マイル)広島~東京(まん延防止の行き先)を予約して、特別対応を利用して5/3(ハイシーズン)(9000マイル)広島~東京に振り替えてしまうと差額0マイルかつ特典航空券の枠を無視して5/3のフライトを3000マイルで予約できたりします。ちなみにコロナの影響で国内線で特典航空券が使用できない期間は2021年にはないようです。

ただし、この変更を行って振り替えた場合安く予約できるのですが、再度の予約変更は万一振替先の便が欠航になったとしても、最初に予約した搭乗日から+30日の範囲でしか振り替えできなくなるという点と区間の変更はできないことだけは要注意ですね。あと特別対応の操作が可能になってから10日以内にしか変更できません。(以後は払い戻しのみ)トク旅マイルでない普通の特典航空券なら期限は1年あるので変更不可は結構デメリットが大きいかも。

■緊急事態宣言の影響で減便・欠航になった場合は?

この場合は「機材故障などが理由の変更・払い戻し」に該当するようです。
https://www.ana.co.jp/ja/jp/book-plan/refund/domestic/aircraft/
万一手持ちの航空券がコロナの影響による欠航になった場合は
・払い戻し手数料無料で払い戻し
・ANA便に振替
・他社便に振替
・他の公共交通への振替
が選択できるようです。ちなみに複数の便を予約していて、一部だけが欠航になった場合(帰りだけとか乗継便とか)電話を掛ける必要はありますがまとめて対応してくれるようです。この欠航時の対応に関してはかなり柔軟に対応してくれるみたいです。

これを悪用すると(また悪用か!)まず特典航空券を払い戻した場合天候不良の場合と違って3年間有効なピカピカのマイルで返ってくるらしいです。まあ3年先にANAがあるかどうかを天秤にかけないといけませんが。

次にANA便に振り替える場合は、直行便を経由便に振り替えることもできます。例えば広島~札幌が欠航になった場合は運賃そのままで広島~羽田~札幌に振替になります。特典航空券でも同じだと思います。この場合も当初予約から+30日の範囲で振替ができます。区間が変更にならない場合はネットからもできますね。

また他社便に振り替えることもできます。ちなみに私は以前広島~札幌が欠航になったのでANA→JALに振り替えてもらいました。経由便だと時間かかりすぎるという場合は相談してみましょう。ちなみに振替便の予約は自分で行う必要があります、まず振り替える予定の他社便を普通運賃で予約してください(他の格安運賃でもいいですがメリットがないので)そして搭乗予定の航空券をデスクに電話して他社便への振替をお願いして払い戻してください。後は当日に空港に早めに行って立替費用精算書をもらって、10日以内に自分で予約したJALの普通運賃の航空券の領収書を添付して郵便で送るようです。するともともと予約していた運賃の額が引かれた金額が振り込みされるようですね。私がお願いした時は何故か空港で現金手渡しでしたが・・・。あと変更不可運賃の場合原則として予約してる便と同じ日での振替になるようです。他の日への変更は?と聞いてみましたがNGでした。振替先がJALの普通運賃なんだからいくらでも変更できるようでできない。

あとは他の公共交通にも振り替えられるようです。広島~札幌は新幹線で12時間位ですね。振替で発地空港から着地空港までの乗車券と特急券はANAが負担してくれるようです。グリーン車はだめです。例えば広島~札幌を広島→(新幹線)→新大阪→伊丹空港→新千歳空港というように一部だけ振り替えることもできるようです。この場合広島空港~伊丹空港までの電車代を支払ってもらえます。ちなみにスターフライヤーは指定席代は出しません!とはっきり書いてますけど指定席しか走ってない函館とかだとどうなるんだろ。

ということで万一緊急事態宣言が出たり、欠航になったりしても結構対応してくれるので、行けるかも?と思ったら航空券予約してみましょう。いつかコロナが収まったときにも飛行機が飛んでますように。

投稿者:

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。